スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年新卒内定率68.8%
とうとう来ましたね。新卒省き、景気が悪いのは当然としてゆとり世代と言われ、悪名高いからか実際のところは分からない、が相当厳しい状態のようだ。各調査によると転職求人数は伸びているそうだが自分自身内定出てみて、ある程度転職市場の方は持ち直していると実感してきた。だが新卒よりかなり歳上であるのにも関わらず、輪をかけて新卒と大して変わらない経験値しかない自分のようなDQNブラック人材にとっては、対岸の火事ではない。

今の新卒は、何でも安定志向らしくマスゴミの報道を真に受けると、大手ばかり受けているらしく、リクナビやらマイナビを使って大手に50社以上エントリーしているらしい。本当かと思ってしまうが、実際2012新卒の大学生に聞いたところ本当にこの時期で60社エントリーしたらしい。
自分はというと大学時代、3月頃から渋々就活をはじめ、まともに受けた企業は20社にも満たなかった。おかげでブラック企業からしか内定を頂くことができませんでしたが。

今の新卒は、やる気が違うなと思うが大手ばかり受けていると言うのは、一部のエリート就活生を除いては、はっきり言って無駄な努力だと思う。特にリクナビ、マイナビ経由の一流大手へのエントリーなら大多数の新卒はやめた方がいい。時間の無駄であり、無駄な精神の損傷を味わうことになる。

それは何故か、応募者が何千と集まるため、まともに応募者のエントリーシートを裁ききれず自動学歴フィルタープログラムに引っかけて落とするシステムだからだ。リクナビ、マイナビの大手優良企業は一定水準以上の大学の学生を自動抽出するようにプログラムされたシステムを使っていると聞いたことがある。特に求人サイトか就職四季報に過去の実績校が載っているが東大、京大、北大、九大などの旧帝大、早慶などの私大トップからしか入っていない場合、これら一流大学のOB社員が自分の出身ゼミや部活などから引っ張ったり(リクルーター制度)、求人サイトでも学歴フィルターシステムにかけるので受けても無駄と言うことだ。

表向きは大学名はそれ程関係ないとか言ってる風潮だし、就職本でもそのような記述を見かけるが、ほんの一部を除いて大手優良企業には確実に差別がある。過去の実績校を見て欲しい。それに万が一筆記に進んでも、文系の学生がこんなの解けるのかと言った超難問を出題し、如何にも因果応報で落ちたかのように見せかける。これは、どこぞのサイトにも載っていたことだが、自分が大学時代経験済みなので間違いない。過去の実績校は、受ける前に本当に注視し、時間の無駄を省き着実に内定を取るべきだと思う。ただ、ブラック企業にだけは気をつけて・・・
スポンサーサイト
新卒との違い
書類選考の通過率
自分は新卒での就職活動、既卒(大学を卒業しても正社員としてそのまま就職しなかった人)での就職活動を経験しました。

新卒でなくなると、リクナビなどの新卒用就職サイトは使えなくなります。学校にもよりますが、学校に来る求人にも応募できなくなるそうです。企業のWEBサイトでも新卒採用と中途採用は明確に分けられています。ハローワークで応募するならあまり関係なさそうですが、便利な便利な就職サイトを使う場合、転職専用サイトを利用することになります。

転職サイトは、エントリーによる書類選考通過率が異常なほど低いです。何故なら業界経験者や職種経験者と競うことになるからです。それは、本当に転職する気のない経験者の人達も書類だけ出してたりします。確実に負けます。自分は新卒時で既に浪人留年Fランクという犯罪者並みの経歴で新卒専用サイトにてエントリーしていましたが、誰もが知っており、悪評もそれ程ない大企業でも数社筆記試験か面接まで到達しました。当然のように面接で落ちましたがそれは人それぞれ、転職サイトから応募しても面接すらさせてもらえません。

日本は世界有数というか、独自の新卒至上主義で一度、卒業→就職路線を外れると暗い暗いダークサイドが待っています。大量採用大量放出のブラック企業であれば入るのは簡単かもしれませんが、そうでない会社に入るのは予想以上に至難の業で特にリーマンショック以降はその傾向は顕著です。また営業の場合ですが、実力主義の会社に入り結果を残せば道も開けてきますが、想像以上に難しくさらに精神的にも履歴書的にも深手を負う率は高いです。どの道泥沼の生存競争が待ち受けています。

新卒の人は、例え留年して履歴書、面接対策を練り直してでも新卒で就活したほうが圧倒的に有利といえるでしょう。面接まで進める可能性が圧倒的に高いからです。そのくらい新卒は有利なのです。自分の友人もこのカラクリを知らずに既卒になってしまい「俺が何したんだ!」って言って民間を諦め。公務員試験を受け続けています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。