スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職サービス
転職で求人を探す場合、転職サイト、ハローワーク、人材紹介会社利用になると思います。
ここからは、あくまで個人的体験談、若しくは知り合いに聞いたものです。

転職サイト
リクナビネクスト、マイナビ転職、enジャパンが有名。大なり小なり色々なサイトがある。
メリット インターネット上で手軽に応募できる。掲載費がかかるのでハローワークと比較して採用意欲の高い企業が多い。 
デメリット どのサイトもブラック企業のオンパレード。ブラック企業以外を探すのはそれなりに手間がかかる。手軽に応募できるので競争率が高く書類選考突破が困難。

ハローワーク
いわずと知れた国家機関。
メリット 担当者によっては離職率や評判を聞ける。転職サイトと比較すると最寄のハローワークに出向かなくてはならないので応募する際、非常に手間がかかるので競争率はメジャー転職サイトよりは低いと思われる。 
デメリット 転職ブログなどで見る限りブラック企業の巣窟らしい。掲載費用もタダなので採用意欲の低い企業も、採用すると国から助成金が出るのでそれ目当てで人を使い捨てるどうしようもない企業も。

人材紹介 
リクルートエージェント、マイコミエージェントをはじめ、これも大なり小なり無数に存在する。確かですが、人材紹介会社経由の斡旋で採用が決まった場合一年目の年収の数十%を成果報酬として企業が人材紹介会社に支払うというシステムが多いです。
メリット プロのエージェントによる履歴書添削。面接のセッティングを代行してくれるので現職を続けながらの転職活動に最適。非公開求人も多いので知られざる求人案件を持っている。就職活動におけるアドバイスを頂ける。しかもサービス無料。登録するとエージェントという専属担当者がつくらしいです。親身で熱心になってくれ本当に求職者のことを考えて転職を手伝ってくれるエージェントさんと出会える可能性がある。経験豊富か短期離職の余りない方、は勝手に利用してください。まあそれが普通なのでしょうけど。あと正社員歴なしでも20代後半でも高学歴の方なら優良企業紹介してくれる会社あるらしいですよ。
デメリット 他ブログなどによると、このエージェントは千差万別で同じ会社のエージェントでも違うらしく、中には求職者の意に反し、口車に乗せて無理やりブラック企業などにぶち込もうとするエージェントがいる。システム上、金にならない人間は、相手にされないらしいです。大手人材会社では特に、自分のようなブラック人材の方は正にお呼びでなしでしょう。

各転職サイトについて
リクナビネクスト
求人数 ★★★★★
書類通過率 ★☆☆☆☆
使い勝手、企業からのレスポンスなど★★★★★
普通の会社:ブラック会社 およそ2:8
求人数は常時約1600~2000件前後でこの手のサイトでは国内最多。登録者数はぶっちぎりで国内最多です。企業側の掲載費用も一番高額でブランドと化してます。

他に特長としてはとんでもない競争率だということです。企業の求人の1週間でブックマークされた件数が分かるランキング、みんなが検討している企業ランキングを見れば分かります。ブックマークされたからといって皆が応募するかは別ですが、それを差し引いても、聞いたこともない中小企業が芸能人のオーディション並みの競争率です。普通の会社員として働くのにです。従って自分のようなブラック人材の場合全く使えません。10社送って書類通過2社です。そのうち1社は分かりませんが、1社は後ほど調べたら高離職率です。10社送って無謀なことに気づきました。スカウト機能もありますが入社後の生存確率が圧倒的に低そうな会社からしか送られて来ません。書類選考の合否は、早いです。企業にもよりますが速攻でお祈りメールが来ます。

ちなみに自分の知り合いで、25歳以下で職歴的にも学歴的にも(中堅私大卒)それ程悪くない人でもガンガン書類で落ちるそうです。大手で3年以上の職種経験者でもなければ、このサイトは使えないでしょう。

マイナビ転職
求人数 ★★★★☆
書類通過率 ☆☆☆☆☆
普通の会社:ブラック会社 およそ2:8
使い勝手、企業からのレスポンスなど★★☆☆☆
求人数は、約1400~1800件前後とリクナビに続いて2位です。会員数はリクナビよりは少ないそうです。リクナビ
程競争率は高くないと聞いておりますが、このご時世ですがらここでもとんでもない競争率だと思います。今は使っていませんがブラック人材の自分でさえスカウトもそれなりに来ました。マイナビ転職の人が適当に送っていそうなものばかりでしたが、スカウトに応募すれば一応面接まで進めます。ただし今年(2010)の転職活動では、ブラック人材の自分はここでもお呼びでなしのような気がします。

各人材紹介会社について
jaic
求人数?
書類通過率---
普通の会社:ブラック会社10:0
使い勝手、企業からのレスポンスなど★★★★★
営業カレッジという、既卒者、短期離職者の28歳までの若者向けの就職支援を運営している会社。自分はここに以前お世話になりました。この営業カレッジでは、2週間会社の新人研修さながらの研修を同じような境遇の仲間達と受けられ、その後集団面接回を行いますしかも無料です。この集団面接回には同族会社や中小零細が多いですが比較的優良企業が10社以上参加それに対し10数名の求職者が参加します。離職率などもしっかり調べ上げてくれていて、聞いた限りではブラック企業はない筈です。ちなみにここでもブラック人材である自分は就職が決まりませんでした。給料以外に高い成果報酬を払って雇う必要はなかったそうですが、それは人それぞれ集団面接でしっかりアピールできれば、既卒でも短期離職でも普通の会社に入れます。ここから就転職した友人何人かの話を聞く限りブラックではなさそうです。宣伝ではないですが、25歳未満の方には本当におすすめ、因みに25歳以上で正社員歴なしか半年以内の短期離職では、ここでもリーマンショック以降は面接でプロ級のパフォーマンスを発揮しないと難しいです。

最後の砦ハローワーク
求人数 ∞
書類通過率?
普通の会社:ブラック会社?:?
使い勝手、企業からのレスポンスなど☆☆☆☆☆
求人数は、500000件(2010夏)近く圧倒的な求人数を誇ります。他サービスとは比較になりません。ブログや人材会社の人の話によるとブラック企業の巣窟らしいです。中には国から支払われる雇用促進のための助成金目当てに採用するどうしようもない企業もあるらしいですが、知人の状況を聞くとそんなに悪くもない。40オバーの方ですがハロワ経由で製薬会社の営業に就職しましたが、その会社、定時6時帰り、土日休み、有給消化可能。これは人によりますが仕事内容や社風もいいそうです。給料は20万そこそこで決して高くなく、家族持ちだと正直きつい給料かもしれませんが、結婚は最早不可能な自分にとっては余裕で暮らしていけそうでよい職場です羨ましいです。他にも昨年同時に就活していた友人もハロワ経由で中小IT企業の営業職として就職しました。ブラックの多い業界、職種ですがどう聞いてもブラック企業ではありませんでした。他にもハロワ経由で悪くない会社に就職できた人の話を聞いたことがあります。

ちなみに転職サイトは大手優良企業もありますが、ほとんどがブラック企業です。ハロワでは、求人履歴を調べてもらえあわよくば離職率を教えてもらえますが、転職サイトは実態が分かりません。それを考えれば大手優良企業とは完全に無縁なブラック人材の自分にとってはハロワが主戦場になりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。