スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラック人材の取るべき手段
ブラック人材がなんとか生きるべく手段を考案しています。今のところ考え付いた手段は以下の方法です。

奇跡的なブラック企業以外への転職
今回の転職活動で実行している手段です。最早ブラック企業には、二度と就職したくないものです。兎に角長期的に働けそうな職場が絶対条件です。待遇の悪さも常軌を逸してなければ受け入れるしかないです。月給18万、週休1日、サビ残月50時間程度なら大歓迎です。しかしこのご時世、皆がそう考えるので競争率が高いところに自ら突っ込んでいっている現実があります。1ヶ月先も同じようにあてのない旅を続けられる自信がありません。

実力主義高離職型ブラック企業へ転職を前提とした就職
普通の企業と比較して、ブラック人材でも受け入れてくれやすい企業群があります。実力主義高離職型ブラック企業での営業職です。正にブラック同士仲良くやりましょうと言った感じです。

このような企業は本意か分かりませんが、大量採用、大量離職を前提としているとしか考えられない、採用方針をとっているので門戸は広いのです。大半は泥臭い仕事が多く、続けるのが困難です。職歴に傷がついたり精神や肉体を蝕まれる可能性が高いのでハイリスクですが、ここで実績を出せば、高額年収も夢ではありませんし、29歳の働く君へ~いまからでも遅くない!によるとその経歴を持ってして、転職市場に挑み普通の会社への転職やキャリアアップも夢ではないそうです。

入社3年後新卒定着率100%で優良な中小広告代理店で働く自分の友人の話です。彼の先輩はパワハラ、罵倒、灰皿が飛び交う超過酷かつ実力主義高離職型ブラック企業だらけなことで有名な消費者金融、住宅販売業界などを経て友人の会社に移ってきたそうです。友人をはじめその会社では、その先輩を営業の神様と称えているそうです。自分は実力主義高離職型で極限状態の中で自分を鍛え経験を積んで行くのも手だと、それを聞いたときは考えました。

実力主義高離職型ブラック企業を少しかじってみて思ったのですが、実績を出すには最高のパフォーマンスを発揮できる最適な環境が必要です。最早このような企業での仕事は、サッカー、野球選手などのプロスポーツ選手などと大差なくプロスポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようチームを移籍するように、人によってはバンバン転職をしていくことも必要ですし、最高のパフォーマンスを発揮できないと、これまたプロスポーツ選手と同じように短期間で退職に追い込まれますそのくらいの世界です。

実力主義高離職型ブラック企業で実績をつくり長期滞在できるのは、自分に言わせれば天才です。
前職で短期間ですが、どうにか売れようと、売れている人の傾向を分析をしました。完全に個人的観測ですが必要な素質の傾向としては
・全てをいいように言いくるめられる口の達者さ(必須。商売道具。これが少しでも弱いとまず無理売れません。)
・激詰めを右から左へ聞き流せる天性(必須。上司に人格否定される。いちいち気にしていたら鬱病で病院送り)
・女の子にモテる(必須。知る限りでは長年彼女もいない人が実績をあげてることは皆無。)
・人より絶対に金持ちにになるんだという強烈な思い(中途半端ではいけません続きません目が\レベル。)
・火の玉のような根性(激務多し、スポーツにおいて根性で実績を出した人は有利)
・何があっても何を言われようとも諦めない粘り強さ
・強烈な目的意識(例えば家族を養っていくなど)
・絶対の自信
・ナンパが得意(要は口説ける能力。肉食系であること。)
・ギャンブルが苦ではない(新規開拓のテレアポはパチンコ台に座ってるアテのないギャンブルの感覚。)
全て当てはまる必要はないですが、これらの素質がある人は、実力主義高離職型ブラック企業の新規開拓営業はおすすめです。逆に全く当てはまらない人は残念ながらやめたほうがいいと思います。誰でも続けられるものではないと思います。それは、圧倒的な高離職率が証明しています。間違った判断をすると本当に厳しいです。自分はと言うと全て当てはまりません。

実力主義高離職型ブラック企業で怖いのは今は大不況ということです。新規開拓営業がほとんどの実力主義高離職型ブラック企業にとってモノが売れないというのは地獄です。イケイケ営業で急成長してきたこれら企業の経営状態も悪化しているところが多いので、即結果を出さないと退職に追い込まれます。現在は応募していないので不明ですが、短期離職を繰り返すとこのような企業にすら既に転職できなくなっているかもしれませんし、転職できても不況で実績をつくれず短期離職し、ブラック企業しか受け入れ先がなく抜け出せないブラック企業スパイラルに陥るそうです。そうなった場合の脱出手段がないわけでもありません。履歴書にとある工夫するのです。

スポンサーサイト
ブラック人材の定義
ブラック人材たる要件
ブラック人材に当てはまる要件はたくさんあります。これに1つでも当てはまれば就転職に不利に働くと考えたほうが良いです。

転職市場で書類上不利に働く要件をブラック度順に並べてみました。当てはまると書類通過が非常に困難です。
・Fランク大学を浪人は愚か、留年までする
・26歳以上でニート経験のみ
・26歳以上で正社員履歴1年未満
・26歳以上で正社員経験なし
・1年以内の短期離職
・25歳以下の既卒
・キャリアの一貫していない転職3回以上
・26歳以上で営業販売で誇れる実績なし
・26歳以上で会社で通用するようなスキルなし
・35歳以上でマネージメント経験なし
・30歳以下で転職4回以上

社会で生きていくことが困難な要件を人間性や脳みそスペックを中心に、ブラック度順に並べてみました。当てはまると例え職にありついても社会で生きていくことが困難です。
・身の丈に合わない理想主義者
・頭の回転が遅い
・不器用
・忍耐力がない
・言い訳が多い
・数学が苦手
・マイナス思考
・独特の雰囲気を持っており人によって好き嫌いが分かれる。
・口下手
・挙動不審
・所謂天然
・問題解決能力の欠如

自分はブラック人材界の王子と自負しています。ほとんどの要件に当てはまります。人間性などの内面的要件は社会で通用しなかった自分のことを分析してみたものです。今からでもなおせるものはなおすつもりです。この要件に心当たりのある方、本当に会社に入っても通用しませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。