スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝?応募40社越え!!戦況報告
3/6までの戦況
応募41社
内定辞退3社
エントリー書類落ち 22社
面接落ち4社
書類選考結果待ち5社
面接前辞退2社
面接後辞退1社
面接予定0社
面接結果待ち5社
音信不通1社

2/25ネット求人から応募してエントリー通過していた50人規模のメーカーの1次面接、終始和やか、それ程競合他社がおらず今後ニーズがありそうなので将来性有と判断、社風もブラックではなさそうだった。ここは、完全に第1志望だと思った。これまで受けて来た会社は、面接で話を聞いていると色々と不安要素が出てきた会社が多かったので、たとえ内定が出たとしても、お断りする方向で意志を固めた。ただここ、1次面接の段階なのでまだ先があるのでリスクは大きい。
新卒から20社以上の説明会、面接に行っているが、面接で交通費支給を初体験した。

2/28はハロワで応募していた30人規模の総合?商社の面接で、ここは第2志望と考えていた。
1等地のオフィスビルの中に入っている会社でオフィスはなかなかきれいな印象、先に応接室に通され面接官を待つ、するとご年配の面接官がご入場し、社長か何かかと思っていると、次から次へと面接官がご入場されてくるではないか、結局neet soldier対社長、営業2、役員?、総務1対5の面接になった。この会社少人数なのに余程暇なのかなとお見受けした。それとも人材採用に余程熱心なのかと疑問を持ちながら挑む。

対面で座っていた営業マンらしき人間が圧迫顔で色々質問してきた。長所、短所、前職退職理由、仕事の価値観、友人は多いかなど人間性にまで触れて根掘り葉掘り、途中から社長が口を挟み始め、結局全員から質問を受けて1時間が過ぎ終了した。流石に1対5は疲れた。商社だけあって英語が必要らしく英会話のテストみたいのもあり、当然撃沈、国内営業って書いてあり英語のことなんて一言も書いてなかったけれど、まあ結果は聞かずとも落ちたという感じだった。交通費は支給されたので良かった。

この不毛な面接をしている間に企業から電話が、一度不採用通知を出し、書類を返却してきたが、やっぱりもう一人増やしたいといってきた100人位のメーカー、衰退業界で厳しいと感じたところから内定のオファーが来たが、ここはどの道キープしても行かないつもりなので辞退。
帰宅すると本命の50人ほどのメーカーから1次面接通過、3日後最終選考案内のメールが来ていた。

翌々日大手メーカー子会社の面接・筆記試験。ここ筆記試験が普通のSPI級で難しかった。時間が足りず全然出来ず。面接は、普通に終わった感じ、筆記が厳しかったので恐らくお祈りが来るであろう。翌日は本命で筆記試験もあるので多少なりとも勉強しなくてはヤバイと感じ、薄っぺらい参考書を使って勉強していたところ、求人サイトからWEBディレクター職希望で応募していた会社から書類通過のお知らせが来た。ブックマーク件数などを見て、高競争率だと予想していたので正直意外だった。冷やかしで面接呼ぶ会社もあるので半分疑いつつも行くことにした。

3/3
本命の最終選考、この会社の近くに小さな神社があったので神頼みした後向かった。事前に聞かされていた筆記は、余り勉強する必要のない簡単なものだったが、スピードが要求されるものだった。やはり思ったとおり最終選考に何人か来ており、どうやら相対評価らしいと思った。面接は、圧迫等ではなく普通のものだった。

3/4
大手企業のWEB制作などを行っている20人未満の会社の面接へ、成金会社が大量に巣食うことで有名なビルの近くにあった。どうやらこの会社面接で話を聞いているとエンドレスで帰れないらしく、贅沢言ってはいけないのは毛頭承知だが、流石にエンドレスって言うのはちょっといただけないと思った。少し残念だった。ここも交通費支給だった。ありがたや・・・

3/5
今年入ってほぼ2ヶ月、就活に専念して、金銭的にも肉体的にも精神的にも流石に疲れてきた。3月一杯でこの活動を確実に終えられるようにしたいと思った。今、実際6社が結果待ちだが受かったとしても流石に自分にはミスマッチと感じる企業もいくつかあるし、全滅も考えられるので早くも保険をかけることにした。今から応募する企業の内定が出るのが恐らく3月後半になるであろうと考えると待ったなし、ネット求人から2社エントリー(笑)

あ、因みに2/28に面接受けた100人位のメーカーお祈り来たここは失敗面接だったのでやはりといったところ、さらによく考えれば完全に冷やかしで呼ばれた気が、ネットだとワンマン社長、残業多しかも残業代未払い、雰囲気悪いなどの噂がいくつか書かれていることを発見し、郵送でお祈り通達が来て履歴書返還で同封致しましたと書かれていたのに入ってねーしで、ふざけた会社だと思った。倒産されることを切にお祈りいたします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/04(金) 09:22:53) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。